社会人の保険について

短大で看護の勉強をしてきた人の中で、希望の就職先へ内定が決まったという人はどれくらいいるでしょうか。看護師としての気持ちをを新たに、希望に満ち溢れていることと思います。しかし、看護師として活躍するのであれば、自分の生活もしっかりと維持していくことが大切です。社会人になれば、保険のことも自分で考えなければなりません。看護師という仕事は、心身共に大変な仕事です。時には、病院で病気に感染してしまうこともあるでしょう。また、体力的に辛いと感じることもあります。そんな時、しっかりと治療をすることができなければ、看護師として勤めることは不可能です。そのため、社会保険にしっかりと加入し、自分の生活を維持していくことも重要といえます。就職後には、就職先で社会保険に加入することになります。その際には、健康保険や厚生年金などに加入することになり、天引きでこれらを支払うことになります。初任給をもらった際、引かれている額の大きさに驚くかもしれません。しかし、健康保険などがなければ、病気や怪我の際に治療をすることが難しくなります。年金は将来のためのものなので、しっかりと納めておきましょう。小さなクリニックへ就職する場合、社会保険に加入できるかどうか不安ですよね。小さなクリニックでも、常時5名以上いるクリニックであれば加入が義務となっているため、心配する必要はありません。短大新卒で就職が決まった人は、社会保険なども自分で加入して支払うことになります。初任給を受け取った際は、これらがしっかり天引きになっているかどうかも確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です