雇用保険の大切さについて

看護師として就職先が決まった場合、これから忙しくなるだろうと不安になることかと思います。就職を機に、親元から離れる方もいるでしょう。そうなれば、これからは自分で全てを管理していかなくてはなりません。家族がいれば、風邪を引いた時にも看病してもらえます。しかし、自分一人であれば食事の用意も自分で行わなければならないのです。雇用保険の大切さについてみていきます。仕事をしていると、時には体調を崩すことがあります。中には、精神的なダメージが大きく、しばらくの間仕事ができなくなってしまうこともあるでしょう。そして、そのまま仕事を辞めざる得ない状況に陥ってしまう恐れもあるのです。このような時、仕事だけでなく収入もなくなってしまうことになります。そうなってしまえば、今後の生活が心配ですよね。そんな時、雇用保険に加入していることで、退職後や失業後のカバーをすることができます。就職後、雇用保険料は給料から天引きされることが一般的となりますが、雇用保険に加入するためには31日以上の雇用見込みがあること・1週間のうち20時間以上勤務していることなどが必要となります。これらの条件を満たしていれば加入は義務となっており、万が一退職となった場合には保険料を受け取ることができます。しかし、就職後数カ月で退職してしまった場合には、保険料支払いの対象とはなりません。基本、1年以上雇用保険に加入していることが必要となります。万が一半年で退職し、その後他の就職先で6ヵ月務めた場合には、合計した年数が適用となります。看護師としての仕事はとてもハードなものなので、誰でも病気などで仕事ができなくなってしまう可能性はあります。しかし、雇用保険に加入していることで、ある程度の生活はカバーすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です